スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

見納め 

そういえば年賀状を作ってないと思い、
今日作って、今日出して来た。

ついでに色んな見納め。

外に一歩でると、月。
今年さいごの月だね。
こりゃ、ジャンボ当たったかも!?


少し足を伸ばして沈下橋まで。


サギがゆっくりと目の前を横切る。
今日も四万十は静かでした。

できれば、早朝も静かであって欲しい。

スポンサーサイト


四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

うっすら 

昨夜降り積もった雪、朝にはすっかり融けて、
うっすらとしか残ってなかった。残念!

私だけだろうか、南国育ちなもんで、
雪が降ると、とーっても嬉しくて一人で張り切って雪だるまを作る。

今回も作る気マンマンだったのに、このありさま。
次の雪に期待!




四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

はらはら 

一気に冷え込みがきた。
日本海側では雪模様らしい。

で、空を見ると・・・。


こりゃ、雪が来るね。


案の定、昼頃にはちらつきはじめる。

もうすぐ10時半、雪はしんしんと積もりつつある。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

成人式 

用事があって四万十会館へ行くと成人式の準備中。


余分なイスを取り除き、舞台には集合写真が撮れるように
段が組まれていた。


帰り道はちょっと遠回りして五社方面へ。
小さい頃に遊んでいた河原に降りてみる。
雨が降らなかったせいか、ずいぶん水量が少ない。


来年はもう少し雨が降るといいねぇ。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

松葉川温泉 

本当ならば今ごろは、中村に・・・。
今日の予定は西土佐で自転車を借りて、
中村まで四万十川沿いを下る予定だった。
しかーし、生憎の雨。誰でしょう雨女?(笑)

気分を変えて、温泉に行く事に。

こちら温泉に行く途中にある「玉子の自動販売機」。
19号線、温泉に向かって右手にある。


たまに降る雨もいいもんだねぇ。


平日の昼間の温泉は、もちろんほとんど人もおらずのんびり。
松葉川温泉のお湯はつるつるしてるって言ったらいいかしら、
ぬるぬるしてるって言ったらいいかしら。
自分の肌が20歳も若返ったような気分になるわ♪
ただし温泉の中でだけね(笑)

雨が降ると気温も穏やかで、とても年末とは思えない。
景色も割と緑が多く、いつもより暖かい日が多いのかしらね。



松葉川温泉



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

MISO 

ばあちゃんのお使いで六反地へ。
そこに井上糀(こうじ)店がある。

うちで作った米とマメを持って行って、
味噌の元を作ってもらったそう。


右にあるのはオマケでもらった糀。

この味噌のモトを瓶に入れて、
半年ぐらいしたら食べられるそう。

たぶん、昔は自分で作ってたんだろうね。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

クリスマス・イブ 

イブに買い物なんかに出かけるもんじゃいね。
駆け込みでプレゼントを買う人で一杯だったよ。

人ゴミに疲れ、ようよう家路へ。
はぁ、今日も田舎は静かだわ。





四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

酵素風呂 

忘年会続きで、身体にずいぶん毒素がたまった気がする。
ちょうどいい機会だし、前から噂に聞いていた酵素風呂に行くことにした。
中土佐でも噂を聞いたぐらいだからね。

2時からの予約だが、ずいぶん早くついてしまったので、
ちょっと米奥の沈下橋まで足を伸ばすことに。

うんうん、今日も四万十は美しい。



ちょうど2時ぐらいに酵素風呂屋さんに到着。
場所は三せきキャンプ場の近く、というかソコ。

人なつっこいおばちゃんと、女の子がお茶を出してくれた。
酵素風呂の効果などの説明を聞きながら、
風呂に入る前の体重と体脂肪率を計る。
これ、風呂後に計ると個人差はあるがだいたい減っているらしい。

で、いよいよお目当ての酵素風呂へ。

うんうん、噂に聞いていたとおり漬け物臭が(笑)
こちらの酵素風呂、米ぬか100%だそう。
他の所では木屑が入ってたりするらしく、木屑が入ってると、
やっぱりチクチクするらしい。

脱衣場で服を脱ぎ、身体を被う割烹着みたいなのに着替え、
耳にぬかが入るということで、カバーをかぶり、
やっと酵素風呂の現場に到着!

えぇ!?兄ちゃんが二人もいるじゃないかーっ!!
ま、砂風呂だって、おっちゃんが働いてるから、そんなもんか。

酵素風呂は「風呂」というより、四角い土俵と言ったらイメージし易い?
ぬかが四角い土俵風に盛られていて、そこに客が埋まる感じ。
ぬかは温めているワケではなく、自然発酵だそう。

温度は55度ぐらいと言ってたかしら。
さっそく、色んな説明をしながら、汗だくになりながら、
私たちが入るための穴を掘ってくれる。

穴ができたらソコに寝転がり、ぬかをさらにかけてもらう。
まずは足にかけてもらった後、布を少しめくりそこからぬかを入れていく。
う?ん、完全に見えてるような気もするけど(笑)

ぬかは思ったよりも暑い。
後から受付にいたお姉ちゃんも来たのだけど、
いつもより暑いね?と言ってた。
ナマモノだから、日によって温度が違うのかしらね。

私は埋めてもらう前、座っているときからすでに汗が吹き出していた。
体を埋めてもらった後は、目の上に手ぬぐいをのせ、
そこにもぬかをかけて行く。

視力回復にもパワーがあるらしいよ。
0.1どころか0.5ぐらいもアップするらしい。

いやー、気持ち良かったよ。
もうちょっと温度が低かったら、もっと居たかったけど、
けっこう暑くて、あっと言う間にギブアップ。

あと1,000円安かったら、1ヶ月に2~3回通うのにな?。

元気酵素風呂

◆うろおぼえインフォ◆
56号線からだと、ケルン少し手前の点滅信号を右折。
道なりにしばらく進み、四差路でまた右折。
またしばらく進み、左手に松葉食堂が見えたら左折。
道案内板では「作屋」方面かな。
橋を渡り、突き当たりを右折。
三せきキャンプ場の看板のところでまた右折。
この辺まで来れば、元気酵素風呂の看板アリ。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

愛してやまない人 

もう死んでも死にきれないぐらいに、
愛してやまない人達がいる中土佐に向かう。


自転車で仁井田駅まで。
都会の人は知らないだろうけど、
冬の間、ワンマン列車って自分でドアを開けるのよ。





いやー、飲んだくれた。
珍しく「うこんの力」も借りずに。

本当に楽しい時間を過ごした。
楽しいと飛ぶように時間が過ぎてしまうのが残念。
久しぶりに、腹筋が痛いぐらい笑いこけました。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

興津 

天気が良く、ほとんど風もなかったので、
弁当を作って興津に出かけた。



堤防では、魚釣りをしてるおじさんが二人。


海の水は底の砂の模様が見えるぐらい透明度が高い。


堤防を沖に向かって歩き、もう少し深いトコロで海を見ると、
それはまるで天然の水族館。
分かりにくいけど、写っているのはイカ。
その他、エンゼルフィッシュやハリセンボン、
キビナゴっぽいのや黄色と黒のシマシマ(名前しらない)などなど。

そんなに寒くなかったので、ウエットスーツを着たら潜れるかも。
釣りしてる人には邪魔だろうけど(笑)


砂浜では打ち上げられた貝が並ぶ。
子供の時は、よく桜貝を探したわね。
今日も探してみると、あるある。
でも桜貝って、持って帰ると粉々になるからね。見るだけ。


寒くなる前に帰ろうとすると、海面に太陽が反射しキラキラしている。
あぁ、船の免許が欲しいわ。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

岩本寺 

自転車で町まで行って用事を済ました後、
岩本寺へ寄る事に。

岩本寺は四国88ヶ所の37番ぐらいの札所。
本堂には画家から素人までが描いた天井絵がびっしり。


その横に、気になる赤い帽子がやたら似合う
手のひらにのった赤ちゃん。何者なんでしょう。
ちょっと深めにかぶり過ぎじゃないかしら?


そろそろ正月の準備でしょうか。
以前行った時は年越し時、無料の酒が配られてました。
今年も「うこんの力」を借りて行くかな!?



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

無風 

天気も良く、無風だったので
運動不足解消のため自転車で町まで出ることに。

一つ川をこえるのだけど、橋の上から川を見ると、
サギが二匹、気持ち良さそうにたたずんでいた。


気持ち良さそうなフリして、足は冷たかったりして(笑)

その後、さらに進んで五社の近くの田んぼでパラソル発見!
と思ってよく見ると、イノシシがその下にいた。


来年、イノシシ年だしね。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

落ちてきた空 

梼原町で雪が降ったというので、
うれしがりの特派員Aは雪を見に行く事に。

途中、若井の沈下橋に寄る。

雨が少ないせいか、天気がいいせいか。
四万十川の水は、石の一つ一つがハッキリと見えるぐらい透き通っている。

キラキラした水面には、空が広がっている。
まるで川に空が落ちてきてしまったみたい。



ちなみに梼原の雪は、この日和で融けてしまって、
ほどんど見る事ができず!(笑)



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

キッチンヤノ 

国道56号線沿いにできた新しいお店「キッチンヤノ」にはじめて行った。
いつも前を通るたびに、お!新しいお店と気になっていた場所。

本当はヒラグシ食堂でラーメンを食べる予定だったんだけどね。
日曜日だからか閉まってたのよ。

キッチンヤノの店内は、広い窓からたくさん光が差し込み、
NHKの朝の連続ドラマのような清らか感が漂う。



頼んだのはBランチ。


パンかライスが選べ、さらにスープ、サラダが付いてくる。



メインのナスとキャベツのパスタ。

メインの後、さらにデザートと飲み物が付く。
今日はコーヒーゼリー or チョコシフォンケーキ。
飲み物はコーヒーか何か(忘れた)選べたはず。

これだけてんこ盛りで750円。
これは、また行くでしょう!

◆うろおぼえインフォ◆
キッチンヤノ
国道56号線、仁井田駅を越えその先にある登り坂+左カーブを曲がると
直線が見えてくるので、その直線道路の右側。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

国際クラブ 

四万十町にある国際クラブが主催するクリスマスイベントに参加した。

特派員Aは、元国際クラブのメンバー。
以前は英語版の観光パンフレットを作ったり、
フィリピンに衣料を送るボランティアなどもやった。

今年はベトナムに文房具を送るボランティア活動などもやっているらしい。

クリスマス会は、大人から子供まで20人以上が参加。
イス取りゲームをしたり、


クリスマスにちなんだカルタをしたり。

あとは、クリスマスという日を説明するための劇が、
近隣に住むALT(外国語指導助手)とCIR(国際交流員)によって行われた。



国際クラブはまだメンバーも募集している模様。
歌を歌う、国際歌クラブもあるらしい。
興味がある方は、教育委員会まで。

四万十町教育委員会:22-2594



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

小春日和 

日が差し、風もほとんどなく温かい一日。
中村(四万十市)まで足を伸ばし、
四万十川の近くにある公園に車をとめ、
あたたかい日差しの中、昼寝。

用事を済まし家につく頃にはキレイな夕焼け。
夕焼けがキレイなだけで、いい一日だったなぁと思う今日この頃。
相当ヒマね、私。










四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

墨絵 

カナダから遊びにきてくれる友人を迎えに行くために遠出。
生憎の空模様。

しかし、七子峠から見る景色は最高!
ちょっと生暖かい空気を感じながら
墨絵のような景色に見とれる。

いかん、いかん遅れてしまう。
ということで、この一瞬をカメラで切り取り、
遠い道のりを急ぐ。





四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

大根の運命 

我が家の大根の運命。

コレが



こうなって、



こうなる。



ばあちゃんは、これでもか!というぐらい作ってるのだが、
うちではそんなに食べられない。
かと言って、売るわけでもなく。

ま、食料に困ったら大根はあるわね。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

呑みほうばい 

窪川地酒倶楽部が作っているお酒「呑みほうばい」のチラシ
窪川地酒倶楽部通信を作ることになった。




窪川町(現四万十町)商工会青年部と農業青年達で組織するグループ
「高南4Hクラブ」が「自分たちでつくったお米で出来た酒が飲みたい!」
ということではじまった地酒倶楽部。
地元文本酒造の協力を得て、この呑みほうばいが生まれた。

特派員A、何回か味わったことがあるのだが、オーナーにはなってない。
だってビール党ですから(笑)
この勢いで地ビールも作ってほしいところだわ。

呑みほうばいは、限定400口のオーナー制度なので早いもの勝ち!
一口10,000円で、12月中旬に「しぼりたて」4合2本、
1月中旬に「おりびき」4合2本、2月中旬に「火入れ」4合2本が届くそう。

400口になり次第締め切りだそう。今年は無理かも?
一応お問い合わせ先↓
文本酒造(株)
〒786-0005 高知県高岡郡四万十町本町4-23   
TEL 0880-22-0039 FAX 0880-22-2670
http://www.momo-taro.co.jp



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

晴天 

四万十町、本日は晴天なり。
ほとんど雲もなく、夕焼けは黄金色になった。





四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

鈴ケ森→春分峠 

鈴ケ森・久保谷山風景林モニターツアーに参加した。
久しぶりの山登り。いや、山歩き。
前日までかなりの雨だったが、当日は晴れ。

道の駅あぐりで集合。
ちょうど「あぐりーな」から後光がさしていた。



あぐりーなというのは、プリンプリン物語の人形を作った
人形作家「友永詔三」さんの作品。
なんで道の駅にあるかって?窪川出身なのよ?。
その辺の話しはまた次回。

モニターツアーということで、高知から来るバスと七子峠で待ち合わせ。
前日の雨で空中のゴミがキレイになったせいか、
室戸岬までハッキリと見ることができる。



そこから大野見と津野町との境にある大古味峠から歩き始める。



登山口はココ。携帯電話使用できるらしい(笑)
「鈴ケ森頂上へ」という小さな看板が立ってるので目印に。

頂上までは約1時間ぐらい。
晴れた上、空気が澄んでいたので足摺岬まで見える。




昼食の後は、さらに尾根沿いを春分峠へ。




巨木・古木あり、シャクナゲあり、オモトありと、立ち止まりながらあーだこーだ言いながら歩くのみピッタリ。ただし長い!初心者にはとても歩けないコースかも。



そして私たち、何かを見つけては写真を撮るために立ち止まっていた為に、ちっとも前に進まない(笑)

今回のすてきな発見は「コケ・菌類」。
自然界にないような毒々しい色も素敵。
一度でいいからベニテングダケも見てみたいものだわ。










あんまり立ち止まる回数が多いため、ゴールに到着する前に夕日の光が森の中に差し込んでくる。霧も出てきて、陰の中に入ると少し淋しい感じがする。
やっぱり日が暮れる前に山を出たいね。




四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

ながれる霧 

いつもより早めに起きると、いつもより視界が開けていた。
霧が出ているのだが、一部しか出ていない。




しばらく眺めていると霧はだんだん広がり、やがて視界を被い尽くした。




山で働いていた友人に聞いた話。
朝、高い所から見ていると、霧はまるで水のように
山から窪川の町へ流れ落ちるらしい。
こりゃ一度、山で夜を過ごすしかないか・・・。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

霧のまち 

四万十町は以前、窪川町だった。
霧の町くぼかわ。

今朝は雨模様。霧も濃い。





四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

夕日 

小学校5年生の時、神戸から高知へ転校してきた。
その時に友達が言ってくれた言葉。

さみしくなったら空を見上げたらいいよ。
空は世界中どこでも繋がってるからね。




キレイな空を見上げるたびに、その言葉を思い出す。
今日も四万十の空はキレイです。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

下津井 

牛鬼を追いながら、ぶらぶらと下津井を歩いてみる。

ほのぼのとして、いい所だわ?。
車を置いて、ゆっくりぶらぶら歩くのにいい所。
ウォーキングトレイルもあるそう。



階段を上がると、おそらく森林軌道の跡。



あぁ、ふとんを干したり、イスを持って来てひなたぼっこしたい!



石畳にバナナの木!?南国チックな風景も。



もみじとめがね橋。めがね橋は上を歩く事もできる。



ダム湖もキレイ。こちらホタルの名所で6月にはツアーもある。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

牛鬼 

下津井で行われたお祭りを見に行って来た。
正式名称は知らない(笑)
たぶん、仁井田神社秋の大祭!

来ている人は、シャッターチャンスを狙うカメラマンばかり。
本格的な武器のようなカメラが並ぶなか、
名刺大ぐらいのサイズのデジカメで私もシャッターチャンスを狙う。

カメラマンが狙ってるのは「牛鬼」。



こいつが地区にある家々を周り、飲んだくれるという祭り(笑)
家に上がり込むから、一軒一軒の滞在時間が長い長い。



家の前にはしめ縄が飾ってあり、そこを牛鬼がくぐる。



牛鬼の「足」もしくは「エンジン」が家に上がり込んで飲んでいる間は、牛鬼はひと休み。



何軒も回るので、牛鬼の足取りもだんだん怪しくなってくる(笑)
しかも調子も良くなってきて、畑の中や田んぼの中を突き進んだりする。



最後は神社に戻り終了。
午前9時ぐらいにはじまった牛鬼の巡回が終わったのは、昼を過ぎてから。

牛鬼の「足」たち、人生の中で一番飲んで一番運動したかもね。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

秋の色 

うちの裏山には「どうだんつつじ」がある。
秋になると燃えるような赤になるのが特徴だ。

今年は赤くなるのが遅かった。
いつまでもずるずると温かく、冷え込むことが少なかったからだろうか。
今はすっかり寒くなってしまい、夏からいきなり秋を通り越して冬になってしまった気分だ。





四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

ひびき会 

先月の末、四万十会館で窪川中学校の定期演奏会が行われた。
特派員Aもボランティアとして参加。
四万十会館の館員はたったの二人。
もちろん、この二人ですべての行事を行えるはずもなく、多くの行事は、この「ひびき会」という、音響・照明ボランティアが手伝うことになっている。

ボランティアと言っても研修を受けたり、何年もバンドで音響をやってきた人もいたり。音響・照明のボランティアをやるからには、それなりの知識が必要となる。

そこでの私の担当はスポットライト!
実は、これならほとんど経験が必要ないから(笑)
音響なんかは、経験と知識がないと難しいからね。







500人は入るホールで、音響・照明のボランティアができるなんて、こんな田舎だけよね(笑)

今、ひびき会は人員不足で非常に困っている。
みんな仕事をしている人が多いから、いつでも来られるわけではない。
しかし、行事は相変わらず入っている。

ひびき会では、ボランティアを募集中らしい。
音響・照明のボランティアに参加したい人は四万十会館までご連絡を。

四万十会館
0880-22-4777



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。