FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

貯木場 

木材をトラックに積み込み、貯木場へ行って来た。


今回運んだのは、ケンタと呼ばれる部分。

木はまっすぐ生えているのもあれば、
曲がっているのもある。
あと、根が張っているので根元は広がっていることが多い。

材を出すには、まっすぐな部分から採寸する。
末広がりの部分も切り落とすことが多い。

その切り落とした根元の部分を「ケンタ」と呼んでいる。

正式名称かどうかは知らない(笑)

材の重さの計り方は、ゴミを出す時と一緒。
トラックごと重量計にのり、重さを量った後、
空のトラックで再びのって、計算終了。

ただし、2トントラックで2万円ぐらいにしかならないらしい。
機械を動かして材を積み込み、貯木場まで持ってくると、赤字か!?

なんとか色んな木材が高くなる仕組みを作りたいわ。

スポンサーサイト



四万十どこでもドア、ランキングに参加中!
↓クリックしてもらえると嬉しいです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shimantodoor.blog66.fc2.com/tb.php/63-f7ccdaba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。